コーヒーに含まれる代謝物質が骨の健康を改善する可能性

December 04, 2019年
2分読了
保存
出典・開示

発行者。

トピックをメールに追加する
新着記事のメール配信を希望する方はメールアドレスをご記入ください。

Subscribe

ADDED TO EMAIL ALERTS
アラートへの登録が完了しました。 新しいコンテンツが公開されると、メールで通知されます。
Click Here to Manage Email Alerts

アラートサービスに登録されました。 新しいコンテンツが公開されると、メールで通知されます。
アラートメールの管理はこちら
Healioに戻る
リクエストを処理することができませんでした。 後ほどもう一度お試しください。 この問題が続く場合は、[email protected] までご連絡ください。
Back to Healio

Several bioactive metabolites found in coffee may be associated with beneficial effect on bone mineral density among healthy adults who reports regular coffee consumption, as findings published in The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolismによると、コーヒーから見つかったいくつかの生物活性代謝物は、定期的なコーヒー消費を報告する、健常成人の骨密度に対する有益な効果と関連していることが明らかになりました。

Ching-Lung Cheung

「コーヒーにカフェインが含まれていることは広く知られており、カルシウムの損失を加速したりカルシウムの吸収を低下させたりして骨の健康に悪影響を及ぼすことが示されています」と、香港大学薬学部のChing-Lung Cheung(博士)はHealioに語っています。 “骨の健康に対するカフェインの悪影響がよく報告されているにもかかわらず、発表された研究では、コーヒーの消費量とBMDの間に矛盾した所見がしばしば観察されました。 香港骨粗鬆症研究の約7,000人の参加者を含む私たちの大規模疫学研究では、主要な交絡因子を考慮した後、コーヒー摂取がより高いBMDと関連していることが示されました。 メタボロミクスアプローチを用いて、さらに、コーヒーに含まれる少数の生物活性化合物が、コーヒー摂取とBMDの正の関連に関与している可能性を示した」

Cheung氏らは、骨粗しょう症の発症率を調べるために1995年に開始した前向きコホート研究、香港骨粗しょう症研究に参加する健康な中国人成人564人のデータを分析しました(女性81.2%、禁煙家91.8%)。 参加者は2001年から2010年の間に募集され(コホート1;n=329)、2015年から2016年の間に対面でのフォローアップ訪問が行われた(コホート2;n=235)。 両訪問において、参加者は食物摂取頻度調査票によりコーヒー摂取を自己申告した。参加者は、過去1年間にコーヒーを摂取した頻度と、毎回平均何杯(1杯250mLの場合)摂取したかを報告した。 研究者らは、液体クロマトグラフィー質量分析法を用いて、空腹時血清サンプルを用いたアンターゲットメタボロームプロファイリングを実施した。 腰椎と大腿骨頚部のBMDはDXAで測定された。 研究者らは、線形回帰分析およびロバスト回帰分析を用いて、コーヒー摂取とBMDパラメーターとの関連を調査した。

両コホートについて、参加者の42.4%がコーヒーを飲まない、14.4%が毎日1杯以上のコーヒーを摂取していると報告した。

コーヒーに含まれるいくつかの生物活性代謝産物は、定期的なコーヒー消費を報告する健康な成人における骨密度への有益な効果と関連している可能性があります
Source:

研究者らは、12の血清代謝物がコーヒー摂取と正の相関を示し、5-アセチルアミノ-6-ホルミルアミノ-3-メチルウラシル(AFMU)、キネート、硫酸3-ヒドロキシピリジン、トリゴネリン(N-メチルニコチン)が最も強い関連を示したことを明らかにしました。 これらの代謝物のうち、11種類は以前にコーヒー摂取と関連し、6種類はカフェイン代謝と関連していたとのことです。

代謝物のAFMUは腰椎のBMDと関連し(P = .013)、一方、3-ヒドロキシヒップレート(P = .012)は、腰椎のBMDと関連しました。

ベースラインとフォローアップ(フォローアップ期間中央値、10.3年)でメタボロームデータを評価した453人のうち、評価後に股関節骨折を経験したのは11人(女性7人)であった。 年齢、性別、体重、身長、喫煙状況、骨折歴を調整したCox回帰分析では、コーヒー摂取量の多さは骨折リスクの低下と関連していたが、結果は統計的に有意ではなかった

研究者は、コーヒー摂取と股関節骨折リスクの間に認められた逆相関であるが有意ではない関係は、BMD改善に対するコーヒー摂取の効果量が小さいことと股関節骨折の多因子性で説明できるかもしれないと指摘した。

「この分野ではより多くの研究が行われるべきだと考えていますが、私たちのメッセージは、コーヒーの摂取は必ずしも骨粗鬆症と関連しておらず、骨の健康増進と関連している可能性さえあるということです」とCheung氏は述べました。 「本研究では、BMDの上昇と関連するいくつかの代謝物を同定しました。 これらの代謝物がBMDと因果関係があるかどうかを調査するのは興味深いことです。 そのような調査は、骨量を改善するための新しい栄養補助食品の開発につながるかもしれません。” – by Regina Schaffer

詳細はこちらです。

Ching-Lung Cheung, PhD, can be contacted at the University of Hong Kong, Department of Pharmacology and Pharmacy, 21 Sassoon Road, Pokfulam, Hong Kong; email: [email protected]

Disclosures: 著者らは、関連する財務情報を開示していないことを報告する。

Read more about

ADD TOPIC TO EMAIL ALERTS
Receive an email when new articles are posted on
Please provide your email address to receive an email when new articles is posted on .NET NET UP!

Subscribe

ADDED TO EMAIL ALERTS
アラートへの登録が完了しました。 新しいコンテンツが公開されると、メールで通知されます。
Click Here to Manage Email Alerts

アラートサービスに登録されました。 新しいコンテンツが公開されると、メールで通知されます。
アラートメールの管理はこちら
Healioに戻る
リクエストを処理することができませんでした。 後ほどもう一度お試しください。 この問題が続く場合は、[email protected] までご連絡ください。
Back to Healio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。